情報戦略について
Information Strategy
 

informationstrategy.jpg

 

多くの企業でコンピュータの導入が進んでいますが、システムは有機的に機能していますか?

「導入したけれどほとんど使っていない」

「導入前よりも業務が煩雑になってしまった」

「ベテラン社員がシステムを活用できない」

などの多くの不満の声を聞いてきました。またお客様の中には、

「定型的な業務があるのでコンピュータを使ってシステム化したい」

「競合企業とサービスを差別化するためにシステムを導入したい」

といったように具体的なプランをもっているお客様と

「何かしなくてはいけないのはわかっているがどこから手をつけて良いのかわからない」

「ウィルスやセキュリティが心配でコンピュータにすべてを任せるのに不安がある」

などと根本的な導入の段階で悩んでいるお客様がいらっしゃいます。

コンピュータは便利な反面、ソフトウェアの価値や意義が視覚化しづらいのも事実です。 しかしこれら二つのタイプの企業の間には、確実な差ができつつあります。これらは企業が情報戦略を持っているかどうか? ということに起因しています。

「しかしコンピュータは良くわからないから、情報戦略といってもピンと来ない」というお客様も多いことかと思います。

そこでビットエイジではお客様の現状に即した情報戦略のコンサルティングを提供します。 これはお客様の今後の情報戦略を共に立案、実践していくためのサービスです。

弊社のコンサルタントが戦略面を補佐し、御社のビジネスにもっとも効果的なサービスを検討します。また必要であれば、マーケティング、各種調査、教育等を行います。

自社の今後の戦略でお悩みのお客様、是非ビットエイジにご相談ください。

 

©2018 Bitage Inc. All rights reserved. 使用条件