プログラミング

 言うまでもなく、コンピュータシステムで使われるソフトウェアはすべてがプログラムで構成されています。そのプログラムはプログラマーと呼ばれる技術者が作成することが大半ですが、そのプログラマーの成果物や生産性には数倍からそれ以上の開きがあるとも言われていることをご存知でしょうか?では、そうなる理由は何でしょうか?

 近年 RAD (Rapid Applicatoin Development)開発という CPU や OS などを習熟していない人でも、比較的容易にプログラミングが可能になる環境が整ってきました。 これらは大規模なアプリケーションを短期間で構築したり、プログラマでない方が簡単なアプリケーションを作成することを可能にしています。 

 これらを否定することはしませんが、一方で CPU や OS といったコンピュータの基本を知らないプログラマが増えてきたのも事実です。

 コンピュータにとって、プログラミングはすべての基本になるものです。 ビットエイジの社名の由来である「コンピュータを意のままに扱えるようになってもらいたい」という想いから、コンピュータアーキテクチャの理解、アセンブリ言語を使った CPU のドライブ、 オブジェクト指向と C++、Web を利用したシステム(Java、.net、スクリプト言語)といったような基本的なスキルをしっかり身に付け、その基礎の上に経験を重ね、さらに物事をコンピュータの視点から捉え、プログラムで表現できる人を育成しています。

 そして、ただ技術への知識を深めるだけではなく、アプリケーションの使い心地やわかりやすさといった人間の感性にフィットしたソフトウェアを生み出し、お客様のビジネスを支えるとの責任感と自負を持って、日々研鑚しています。