電子ペーパー ソリューション

電子ペーパーとは

電子ペーパーは、紙のように視認性に優れバックライトを使って発光しないために、目が疲れにくいという特徴を持った紙に代わる新しい媒体です。

画像やバーコード、複数のフォントを使用でき、最大3色まで(白、黒、赤)表示可能です。電子ペーパーのサイズも2.9インチ、5.8インチ、7.5インチ、11.6インチと複数のラインナップがございます。

電子書籍リーダーなどにも使われる電子ペーパーは、書き換えの時のみ電力を使うので、一定時間表示し続けるような用途に最適です。

ボタン電池で数年稼働し、軽量で薄型、耐衝撃性に優れます。バックライトがないので、ブルーライトや電池の消費は少ないのですが、暗いところでは見えません。また頻繁に書き換える想定ではないので、1回の書き換えに30秒程度かかります。

この電子ペーパーに無線通信機能を加えた製品が、現在いろいろなところで使われ始めています。パソコンから毎回印刷して貼り付けていたり、手書きの紙を使っている場所を電子ペーパーで置き換えませんか。

クラウドとオンプレミス(施設内)、両方のソリューションを提供しています。

画像:ベッド用電子ペーパー

透析室のベッドカードに

透析患者の指示や備考を、紙に印刷してベッドに張っている施設さんを多く見受けます。透析部門システムや、電子カルテ、もしくは簡単なExcelなどからデータを送信することが可能です。

明日の患者さんの指示を、システムと連携してボタンを押すだけで、ベッドカードが自動的に更新されます。レイアウトや項目はカスタマイズ可能です。

また無線のネットワークが届くところであれば、階が異なったり離れていても転送できます。クラウドであれば、複数施設で利用可能です。

書き換えの手間や、ベッドに張ったりはがしたりする人的負担を軽くして、快適な透析室を作るお手伝いをします。

患者IDやダイアライザー、薬品などはバーコードも付けて、3点確認などにご活用ください。

店内の値札・ポップの代わりに

値段の付け替えや簡単な商品の説明を、いちいち全部手で作成するのは手間がかかります。

システムで登録した価格と連動させて自動で書き換えるソリューションです。

紙の値札と比べて、環境にやさしく、印刷と張替え、ごみが出る心配もありません。デザインはテンプレートを作成しておくだけ。

値段の書き間違えや、早朝の値段書き換え作業は、従業員にとっても手間のかかる仕事です。

これらを自動的に書き換えることで省力化を図り、商品の特徴を表示することでよりわかりやすい接客が可能になります。

また、メーカーのWebサイトへのQRコードを表示して、お客様のスマホから説明ページをご覧頂くことも可能です。棚卸や検品の際は、電子ペーパーに表示したバーコードを活用できます。

さらに1日に数回も商品価格を変更させる家電量販店などは、値札の書き換えが間に合わない=顧客が多店舗に行ってしまい商機を逃すことにもつながります。自社のECサイトと価格を連動させたり活用の幅が広がります。

電子ペーパーと既存のシステムを連動させてスマートな店舗を構築してみませんか。

画像:値札用電子ペーパー